kokoroとkarada

心と身体のバランスを保つのって大変だと思います。

今日、リーディングさせて頂いたお客様のお話をさせて頂きます。。。

 

15年前から徐々に病んでいったメンタル。

それに伴って過度の緊張からのストレス。

睡眠障害。

今は漢方での処方 安定剤 眠剤を切ることが出来ない生活。

身体は、肘 膝が動かなく、手首も動かすことがままならない状態。

足首は多少の動きは取れても一人で動くことが出来ず、人の手を借りないと生きていけない状態にまでなったAさん。

頭で考えることは既に日課となり、身体が動かない分の時間を常に「思考」で補ってきた彼女。

 

人の手を借りるということは、自分よりも相手のことを気遣い、遠慮という気持ちでいっぱいの「状況・状態」を毎日24時間過ごす。

 

この15年間の苦痛を乗り越え、最近ようやく心が前に向くようになったという。

でも、いつまでもついてこない身体。

この身体はいつになったら動くのだろう。。。

この状態はいつまで続くのだろう。。。

 

そんな悩みを抱え、リーディングに入って来られたAさん。

 

電話越しに視える緊張と戸惑い。

大抵はこの状態が視えた時には、「ゆっくりでいいですよ。」と声を掛けるのですが、Aさんに関しては返事だけして黙っていました。

 

下手に慰めの言葉は、時には相手の感情を逆なでします。

 

同情された

情けをかけられた

自分の話し方が悪いのか

伝わっていないかもしれない

もっとわかりやすく丁寧に話をしなくては…

 

様々な感情を持たせるような状況を作った時に、リーディングはそこで終わります。

 

Aさんが話し終わった時、

「わかりました。今までの状況と今の状況で辛い部分はありますか?」

と聞いたところ、

「今の説明でわかったでしょうか?」と返答。

自分に自信がない等、今まで色々な事と葛藤してきた経緯がわかる言葉。

このような方は多くいますが、このAさんは、人との対応に対し物凄い時間と労力を使い、相手を気遣うことや労わることを忘れると全て自分に反ってくることを知っている言葉。

 

自由にならない身体で相手の手を煩わせている。。。

自分が動けたら手助けしてくれている方に面倒をかけなかった。。。

 

そんな状況を長年過ごしてきた彼女は、kotoの返答に戸惑いを隠せなかったようで

「伝わらなかったらすみません。。。」

と言ってきました。

 

自分の話した内容で先生に気を使わせた?

言葉が足りなかった?

 

「今の説明で十分ですよ!ちゃんと伝わりました!

今まで色んな葛藤がありましたね。

でも、ちゃんと今の今まで自分をしっかり見つめて全てを受け止めてますから、これから必要なことを受け入れることで不安は無くなりますよ。」

 

と伝えたところ、彼女からの安心感が伝わってきました。

 

そこでAさんが言った言葉は

「心が解放されて先走るのと逆に身体が動かないんです。

この身体はいつ動くようになりますか?」

 

ちゃんと自身の心と向き合ってきた人は、自身の心の動きも正確に捉えられます。

 

ここからのリーディングは、心と身体のバランスの説明から入りました。

このAさんのように、皆が皆同じような答えにはなりませんが、長い歳月をかけて自分を見つめてきた人には必ず答えがあります。

それは言葉の中に「答え」があるということ。

「心が解放された」と言っているAさん。

既に身体も解放されるスイッチを押してます。

 

心と身体は繋がっています。

今すぐにではないですが、心が解放されたと言葉に表しているということは、身体も動こうという準備に入っています。

なぜ動かないかではなく、今まで動かすことを忘れていただけ。

なので、「動く」ということを思い出すことで身体は動き始めます。

それには動かすことのなかった関節を柔軟にするリハビリが必要。

まだまだ人の手を借りないといけない状態ですが、そこに遠慮はいりません。

なぜなら、「必要」だから。

そこに甘えたくないとか甘えられないという気持ちが働いたとして、今こそ人の手が必要です。

今までは生きていくために人の手が必要だったかもしれませんが、これからは自分で生きるための手助けに変わります。

このことを知ることで、人は「意識」が変わります。

 

頭で色々考えていたことが思考まで届かないと意思は持てません。

その意思に反応する言葉が彼女には必要だったのです。

 

「心が解放されて、今、動きたいという意思が出てきています。

今の動けない状態になる前。。。ちゃんとしっかり動けていましたよね?

身体は動けていた時の記憶を持っています。

なので、その記憶のスイッチを心が押してくれたので、まだ時間はかかりますがちゃんと動けるようになりますよ!

そのためにやることは、心が解放された今、身体の解放と手放すということを知ることです。

身体の解放とは、「心が解放されたから、もう動いていいんだよ!」という思考。

手放すこととは、過去の自分や今の状態になった状況を手放すこと。

そこにしがみついていると、いくら心が解放されても身体は動こうとしません。

心が、身体も動いていいというスイッチを入れてるわけですから、動かないという意識を解放して動けないという過去を手放すことが必要です。」

この言葉を聞いた彼女は、最初はチンプンカンプンでしたが、なんどか繰り返し聞いていくうちに

「私。。。動けるんですか?」から「動けるようになるんですね!」ときて、最終的には「動くんですね!」

になりました。

そうです!!!

意識が変われば動けるんです!

 

そうは言っても簡単に意識を変えることは難しいものです。

ですが、気づくことで意識は簡単に方向転換出来ます。

 

これは誰にでも言えることで、何かを動かしたいという思いや、願いは、意識することで思った通りになっていきます。

自分の力で物事を動かしたではなく、そのようになっているからです。

特に自分の身体のこと。

他人よりも自分のことなので、自分が持っているものを動かせないわけがない。

一概に言えない状況も多々あります。

でも、Aさんの場合はメンタルから動けなくなった身体。

動けるようにとリハビリをしたにも関わらず、身体よりもメンタルに重点を置いてしまったが故に、身体を動かす意識が薄れ、忘れ去られた状態。

思い出すことでゆっくりと今まで眠っていた機能が少しづつ動き始めます。

 

あとは時間に任せ、Aさんが好きな言葉と文字でこれからの成功の道を歩んでいくことになりそうです。

 

最後まで読んで頂きありがとうございますm(__)m

 

今日の出逢いに感謝。。。✨

 

DSC_0328
DSC_0328