宿命と運命

日々皇子と話をしながら互いの調整を取っていますが、今日は宿命と運命について話が出ましたのでお伝えしたいと思います。

「宿命と運命」

よく聞く言葉で、よく聞かされる言葉でもあります。

 

「宿命」は変えられない。

「運命」は変えられる。

簡単に言うと、こう表現されています。

 

その時点・地点を宿命とするのか。運命とするのか。

 

生きている上でのコンマ何秒か先が見えていたら、変えられるものが運命で変えられないものが宿命。

 

宿命を持っているかいないか。

運命を作るか作らないか。

 

宿命が変えられないとしたら、どう向き合うか。

運命を決める場面に出会った時にどう対処するか。

 

その人の考えや感じ方で決まる言葉だと思います。

 

の中で逃れられないものを見出した時、

それを「決定」することが「宿命」

「経過」とすることが「運命」なのではないでしょうか。

 

様々な持論があると思いますが、良いように捉えられない「宿命と運命」

ポジティブな思考で捉えることが一番だと思います。

 

それがなんちゃんってな考え方で、自分本位になることは避けたいですね(^^;)

 

DSC_0062
DSC_0062