今日の朔参り

今日はお天気も良く、久しぶりにのんびりお参り✨

七五三のお祝いのご家族がたくさんいて、見ていて微笑ましくあり懐かしくもありの心温まる風景。

きれいな着物を着せてもらい、お姫様気取りで歩く子や着慣れなくてぐずりママやパパになだめられ仕方なく歩いている子。

着物でも普段着でも関係なしにはしゃぎ怒られる子(笑)

楽しく、懐かしさを思い出させてもらえた時間。

何気に眺めていても、これは日本の文化なんだと噛み締める瞬間でもあり感慨深い時間でした。

 

そんな賑やかな風景の中、いつもの朔参り。

今日は、これからの子供たちの幸せをお願いしに来ているご両親やご家族、親類や友人の方々の想いを感じながら、自らの成長や学びを改めて心に刻む想いをのせ、

DSC_0387
DSC_0387

手を合わせることの出来る時間を大切にしてきました。

御神木であろう一本の樹から、ふと聞こえたメッセージ。

「自分の想う氣の向くままに進まれよ」

気持ちの向くまま。

氣を感じるまま。

想うまま。

気取ることなく素直に目を背けずに進むこと。

簡単なようで難しいのかもしれません。

でも、言葉を発することはその言葉を取り消すことが出来ないように、自らの存在も消すことが出来ず目の当たりに出来る瞬間を生きてる証、自らの存在を確認することと教えられた気がします。

生きていてありがとう。

いてくれてありがとう。

一緒にいてくれてありがとう。

いることは当たり前ではなく「要る」という必要なこと。

自然であり必然。

生きるを活かすに還す。

思い出は一瞬で終わり忘れ去られるもの。

でも、その思い出は受け継がれる。

 

今日一日。。。

忘れていたことを思い出し、これからの自分を見つめ直すことを思い出させてくれた日になりました。

 

感謝