桜の樹🌸

先日、室蘭にてMio.Kさんの展示会に参加させて頂きました(^▽^)/
新作画も多数あり、作風も優しくMio.Kさんの人柄や彩も鮮やかに、楽しい展示館でした。
その時にコラボで参加していた関さんという方の写真も展示されていて、素敵な写真が多数ありました!

その中に、寿命を迎えようとしている一本の桜の樹の写真がありました。

その写真の桜の樹からのメッセージ。。。

「幾年 幾年月 生命の証である花を咲かせてきた。
私が咲かせたのではなく、花が芽吹き芽が出、蜂や自然の力で活かされてきた。

すべて命ある物に活かされ生きている。

生きることは一生懸命。
生きることは栄光や学びではない。
生きることは自らを捨てる事ではなく見つめること。

ただひたすら一生懸命に生きる。

朽ちない命はない。
朽ちることに悲しみも寂しさもない。
朽ちることは元に戻ること。

そして新しい命へと続くプロセス。

大地が自然が私を見守っている以上、私は生きる。
そして活かされる。」

生きるということに素直になることを教えられた気がします。

その気持ちの赴くままに、Mio.Kさんの作画で物語を書いてみたいと思います。。。