竜王からのメッセージ

kotoは様々なメッセージを日々受け取ります(*^^*)

そこには全て必要な情報が組み込まれています。

 

その時役に立つもの。

今後必要なもの。

 

内容は様々ですが、呼ばれ与えらる場所に導かれます。

そして、そこで出逢うものと会話します。

 

先日、久しぶりに海に呼ばれ、皇子と近場の海に行ってきました。

この日は、前日のハードスケジュールをこなし波動修正と浄化を兼ねて行きましたが、車を降おりる直前に霧雨が降りだし怪しい天気模様(^^;)

いつも何かしらのメッセージを受け取る時は天気が良いことが多い中、珍しい展開。

酷くなる前にと行動。

海を目の前にして雲の切れ間から見えたものこそが、今日呼ばれしもの。

この日は、数日前に開眼した眼を使いそのものを見つけるのは皇子の役割。

皇子の合図でそのものと会話。

 

そのものは「竜王」と名乗り、こう言います。

「魂を持つ者には全て両極があり、その両極を今一度振り返りなさい」

両極とは、男と女 生と死 正と否など…

その中でいつも当たり前のように使っている「光と闇」

「光と闇を持っているお前達。

光であって光であらず 闇で会って闇であらず

想いがあってもそれを言葉にしないことは光であっても闇

想いを伝えることをせず、それでいて見守ることは闇であっても光

どちらも伝わることは少ない。

しかし、後者のように思いやることが出来ることこそ光。

闇も光も表裏一体。

自分を光にするか闇にするかは想い次第。

自分が何者であるか。

今一度考え自覚しなさい。」

 

わかっていても、日々忙しくしている現状の中で目を向けることが出来ないことを思い出させてくれるものたちの言葉は貴重です✨

いつでも澄んだ光でいたいものです。。。

DSC_0062
DSC_0062